ワタナベ・テクニカル株式会社  
HPUP
since 2007/05/01




「ワタテクのリフォーム」
 営業は苦手ですが・・・
誠実な工事を心がけております。
12,155件 の施工実績
(2013年3月現在)


お客様専用フリーダイヤル
 0120-72-1030

ホ ー ム

コンクリート構造物の保全に対する専門家の対談





笠井教授と村瀬代表の対談
コンクリート構造物の保全に対して橋梁新聞の平成17年6月1日号に東海大学工学部土木工学科 笠井教授と東京大学工学博士で界面科学技術機構代表の村瀬代表の対談が掲載されました。 


中性化、塩害、ASRなどが原因による劣化にさらされる橋梁などのコンクリート構造物。それをどのように保護していくべきか、今回は笠井哲郎東海大学工学部土木工学科教授および、村瀬平八界面科学技術機構代表に現状の修正点を聞いた。また、その答えの一つとして超速乾ポリウレタン樹脂と特許工法を兼ね合わせた工法により、コンクリート構造物には理想的な呼吸できる塗膜を可能にしたジェットスプレー工法についても言及した。



笠井教授 コンクリート構造物が抱える問題点としては大きく分けて既存構造物の維持補修の問題と新設構造物を如何に効率よ<管理していくか、の2点が考えられます。
現在、高度成長期に作られた大量の構造物は補修の時期を迎えています。この時期はコンクリートの質より量を確保することが優先され、材料だけでなく施工法においても、迅速性をはかるために、ポンプ圧送によるコンクリート打設が急激に普及しました。材料、施工法の面で、耐久性上あまり良くないコンクリート構造物が大量に供給された可能性があります。良質な骨材(川砂利)も枯渇し、海砂や砕石・砕砂を使わざるを得なくなりました。これらのことが現在の塩害やASR(アルカリ骨材反応による劣化)の主因となっています。



笠井 日本は高品質の構造物を製造する個々の技術やシステムは十分整っていますが、造った後の維持管理に関する、システムがほとんど無いか、機能していません。昔は、基本的にコンクリート構造物は半永久的に使えるという認識で造りましたが、現在は適切な時期に適切な処置を施さないと長持ちしないことが分かっています。今後は耐用年数をきちんと定め、その年数分のLCC(ライフサイクルコスト)を意識して、コストを極小化するシステムを考えるべきでしょう。
壊れてから直す消極的な保全ではなく、壊れる前に劣化を予測して積極的に保全していく、構造物の一生を計画して設計することが大事です。
 例えば塩害の被害の可能性がある所では、あらかじめ表面被覆を施しておくとか、多少IC(イニシャルコスト)を掛けても50年のLCCで考えれば縮減できるし、構造物も長く持つ。そういう観点が必要でしょう。






笠井 コンクリートそのものの高耐久化は相当進んでいます。しかし、「コンクリート構造物」としての長寿命化となると残念ながら不明な点が多いのが現状です。
 コンクリート構造物の構造設計の一つに許容ひび割れ幅という規定があります。この規定がない、言い換えるとコンクリートにひび割れを全く許さないとすると、コンクリートの適用範囲はかなり限定されてしまいます。このためこの規定は必要なのですが、構造的には問題ないひび割れもコンクリート構造物の高耐久・長寿命化を考えると、ひび割れは出来る限り起こしたくないわけです。





笠井 コンクリート構造物の主な劣化原因は大きく分けて中性化、塩害、ASR、凍結融解の4種類があります。
補修方法としては、主に表面被覆工法、樹脂注入工法、浸透性防水材工法、断面修復工法などが用いられていますが、補修箇所が再度劣化する二次劣化の起きている事例も少なくありません。

なぜでしょうか

笠井 各症状は非常に似ており、ぱっと見ただけでは、原因が分かりづらい。また、複数の原因が重なった、複合劣化が起きている場合が多いからです。つまり、原因を適切に評価しきれずに補修を行ってしまい「原因と補修のミスマッチ」が起きているのではないでしょか。

村瀬代表 コンクリート用塗料は、基材を完全な連続面と考えてそのシステム設計を行っています。従来の塗膜は、基材の通常の熱膨張・収縮には追随できますが、亀裂までカバーすることはできません。コンクリートの亀裂が1カ所でも生じれば、塗膜の意味はなくなるのです。

笠井 しかし、この許容ひび割れ幅に対応できるひび割れ追従性のあるコーティング材料でないと、結局、役には立たないわけです。
施工上の問題もあります。前処理や塗布の手間と時間が交通阻害要因となる保全工事には短期施工が求められますが、現在はそれが無い工法か多いことも事実です。

村瀬 環境問題が塗料性能の低下に追打ちをかけています。
PRTR法の施行や来年に迫った大気汚染防止法改正によるVOC規制強化の影響です。
コンクリートの表面被覆に関して、性能向上が求められている一方、有機溶剤の規制強化により、水系塗料への転換が余儀なくされてきているのです。
具体的には水系の場合、溶剤系と比べ、乾燥が遅いため、塗装効率が悪く、一般に塗膜の物性や耐侯性も劣ります。これはコンクリートの長寿命化と二律背反の関係にあります。
問題点の解決策と
ジェットスプレー工法の長所について

笠井 コンクリートの保護という点から補修材料に必要なのは、ひび割れ追従性と劣化物質遮断性、そして内部溜水の蒸散ができること、即ちコンクリートの呼吸性を兼ね備えたモノです。
なぜ呼吸性が必要かというと、ASR、塩害および凍結融解は外からの劣化物質の浸入だけでなく、内部溜水によっても促進されるからです。
コンクリートを常に乾燥状態にすることが、その劣化抑止に効果的なのです。

村瀬 そういう意味では、この通気性のあるウレタン吹付け工法は、極めて有効です。
ウレタン塗膜に独立気泡を作ることで呼吸性が確保でき、伸び率も600%あり、ひび割れ追従性も十分担保できるので、コンクリートの強度の劣化を防止できるのです。




笠井氏:ひび割れ追従性と遮断、呼吸性が必要
村瀬氏:600%の伸び率、VOCもゼロ
 


村瀬 溶剤を一切使わないことも大きな長所です。
ジェットスプレー工法のように100%ノンソルでVOCがゼロに近く、これだけの塗膜強度、伸張性および耐候性をもつ塗膜システムは、水系やエマルジョン系では到底望めません。
これは、柔軟なポリオールを架橋構造中に組み込んだ超速乾性ウレタンポリマーをべースとしており、材料的には目新しいものではありませんが、新しい装置と工法を開発し、この材料と結びつけたところに大きな特徴が得られたものと考えられます。シーズとニーズを摺(す)り合わせつつ、長い年月をかけて創り上げたことが窺(うかが)われます。


笠井氏:実験で「遮水」「蒸散」の両立確認
施工の迅(じん)速性も魅力
村瀬氏:コンクリートの保護に最適



笠井 4月に実験結果をまとめたのですが、ジェットスプレー工法をコンクリート被覆材に用いた供試体を水中と空気中条件で繰り返し暴露すると、空気中では質量が減少し、水中浸漬では、質量増加がほとんどありませんでした。乾燥状態では内部溜水を空気中に放出し、湿潤状態では遮水出来ていたことを示します.
もう一つの長所はこの材料は超速乾性であり、システム車を使った大規模な吹付け施工が可能なため、施工性という面でも他の工法と比べ、大きなメリットがあることです。特に施工の迅速性という面では非常に優れています。
今までの議論をふまえて、工法の橋梁における適用部位を

笠井 伸び率や呼吸性、劣化物質遮断などに関するオールマイティな能力からいって、特に環境面で厳しい地区の橋脚や床板、桁、高欄など全ての表面被覆に使えると思います。
単なる表面被覆工法だけでなく、JHのコンクリート片剥落防止工法へのエントリーもされているということで、そうした使い方も今後、されていくと思います。
狭義のコンクリート表面保護とは違いますが、吹付け工法のシームレスさと高いひび割れ追従性能、高背圧空気流吹付けによる密着性を生かし、床板防水にも適用できます。同分野に関しては、現在は地覆・高欄の立ち上がり部に使っているようですが、床版中央部にも使えるでしょう。
超速乾性ウレタンを用いたジェットスプレー工法は以上のような構造から、既設構造物の維持管理面でも厳しい環境下の構造物に吹付ける予防保全の面でも使うことが出来ると思います。






村瀬代表は

村瀬 塗料の特徴は、現場において形状に関係なくシームレスな構造を作り、その塗漢も損傷し難いことが、コンクリートヘの適用に向いています。加えて注目したいのは、ここに用いられるビヒクル(バインダー)が、基材への接音牲に優れていることです。ウレタン樹脂はエポキシなどの他の樹脂よりもコンクリートとの密着性に優れています。塗膜は、剥離しないことが重要で、その際プライマーが基材とトップコートとの接合に重要な役割を演じます。特に乾燥時に用いるウレタンプライマーは、コンクリート表面と電子移動反応により強い結合を形成します。初期接者には分散力だけで充分ですが、水分やイオンが界面に到達すると、それらにより結合の置換が起こり、剥離を生じます。 そのとき化学的な結合があれば、剥離は生じません。これを2次接着性といいます。
これは外部からの水分等の侵入だけでなく、内部溜水の蒸散時も同様で、プライマーとコンクリートの界面接着が破壊されません。ASR劣化と酸性雨劣化とはそのメカニズムは逆ですが、塗膜が水やイオンの拡散透過性を制御すれば、両面の解決が可能になります。それには塗膜のガス透過性、水・イオンのバリア性および2次接着性が決定要因になります。
この工法は、コンクリート構造物の補修ばかりでなく、長期劣化防止対策として、新設橋梁にも広く活用されるべきと考えられます。
塗料は、薄膜で橋梁や大建造物を保護できることを考えると、これほど付加価値を高める建設資材は例を見ません。
今後、コンクリートと塗膜システムのさらなる性能向上により、コンクリート橋梁の寿命を100年以上に延ばしていくことも決して夢ではないでしょう。





むらせ・へいはち
1934年愛知県生まれ。シュトゥットガルト大学を経て関西ペイント技術本部に勤務。
山形大学、信州大学客員教授を歴任。
第16期日本学術会議委員、日本工学アカデミー会員、東京大学工学博士
1980年FATIPEC(欧州塗料高分子国際会議)グランプリ受賞
1990年色材協会賞受賞
専門分野  界面科学、機能性材料、コーティング




かさい・てつろう
1959年生まれ
広島大学大学院工学研究科構造工学専攻博士課程を終了後、小野田セメント(現太平洋セメント)に入社、平成6年に東海大学工学部土木工学科の講師となり、昨年度から現職。
現在はJCI・自己収縮委員会委員、土木学会・電気炉酸化スラグ骨材コンクリート研究委員会委員なども務める。



ジェットスプレー防水工法 標準価格表(300㎡以上基準)平成23年4月1日改正
Jetルーフ/フロアー 厚み2mm 11,300円/㎡ 一般防水(屋上、屋根、ベランダ等)
Jetプール 厚み2mm 13,600円/㎡ フッ素仕上、プール仕様
Jetプールサイド 厚み2mm 11,900円/㎡ 特殊ノンスリップ仕上、プールサイド仕様
スーパーフロアーⅡ 厚み3mm 13,700円/㎡ 駐車場、観覧席仕様
JetソフトVフェンス 衝撃緩衝材 35,000円/㎡ 野球場、その他スポーツ施設など
※その他、防水膜の厚みに依りバリエーションがございます。


塗装・防水などリフォームについてのお問い合わせなどは
お気軽に今すぐどうぞ

お客様専用フリーダイヤル
 0120-72-1030


 齋藤勝也  芹川善光 西巻拓人

 

私達が、ご対応いたします。


塗装・防水・光触媒・リフォーム工事
ワタナベ・テクニカル株式会社
東京都練馬区北町8-25-16

TEL03-3934-4533  FAX03-3550-7817
                   (FAX24時間受付)



アクセス(地図)




 

お客様の声
「クリック」してください

工事風景も見れます

ワタテクの施工事例   ワタテクのブログ


会 社 概 要
工 事 の 流 れ
お 客 様 の 声
建物は生きている
下地処理の重要性
塗装・防水・左官の
   健康特殊仕様
光 触 媒 塗 装
100年防水
 ジェットスプレー工法
100年防水 トップページ
こうすれば長持ちする(対談)
コンクリートが乾く(研究報告)
施工例 一般屋上(モルタル)゙面
施工例 アスファルトルーフィング面
施工例 マンション廊下面 他
施工例 明治神宮野球場
        観覧席 床面
施工例 明治神宮野球場
        ソフトVフェンス
施工例 東京ドームシティタヷーランド
        金属大屋根ほか
施工例 ベスト電器
        屋上 駐車場
ジェットスプレー工法 Q&A
塗 装 他 施 工 例
塗装工事他
   いろいろ進行中
パ ー ス 図
リ  ン  ク  集  
お 問 い 合 わ せ


弊社施工例

5階建マンション
施工完了しました。
ルーフバルコニー
×1箇所
バルコニ×1箇所
計 40㎡
施工期間2日間
平均2ミリ厚仕様
漏水保証10年


施工前


ケレン、プライマー施工済


ジェットスプレー
施工中


トップコート


ルーフバルコニー
施工後


バルコニー
施工後


屋上・陸屋根
施工開始
各所屋上
計 1200㎡

施工前
旧ウレタン防水膜面


ゴムシート防水面


保護モルタル面


旧ウレタン防水膜面


施工写真
高圧水洗浄


材料搬入
約200缶


ジェットスプレー吹付け


パラボラアンテナの
架台(アングル)廻りは
ゴムマットが敷かれ
その上に旧防水層
が塗りこまれていたが
施工後約6年で
防水層が切れていた。
そこが漏水の原因
になりかねない。


その架台を
ジェットスプレーで
一緒に吹き込み
これで漏水の
心配も無くなった。


エアコン室外機
の廻りも
ジェットスプレーなら
この通り。


施工完了


これが
ジェットスプレー工法の
機材 1式


その他の
施工事例は
コチラへ・・・。




■ Jetスプレー主な実績

東京ドームタワーランド大屋根改修
浜野ゴルフクラブハウス防水改修工
奈良交通自動車教習所屋上修繕
守山北中学木金工室屋根防水工
神宮球場ラバーフェンス改修
高田中学校解放研究室屋上防水
大和高田市総合体育館屋根防水
恵美小学校体育館屋根改修工
大和高田市水道局防水工
豊島区文成小学校屋上防水工
スーパーカナエ大美野店屋上防水工
和歌山工専武道館屋根防水工
田原本第一体育館屋根防水工
箕面コミュニティーセンタスレート屋根防水
日本生命心斎橋ビル屋上防水工
秋田県横手市給食センター屋根防水
日本中央競馬会馬洗場床面改修
朝日新聞社床版防水改修工
大阪マツダ本社ビル床防水改修工
大和高田市体育館床改修工
阪神石屋川車庫軌道部床版防水
阪神野田駅野田高架橋床防水工
阪神福島駅地下床版防水工
野口小学校新築床工
明治神宮野球場ダックアウト床工
下市町保健センターベランダ防水工
布勢運動陸上競技場下地レベリング
明治神宮野球場ブルペン改修工
明治神宮外苑アイススケート場床改修
大阪府立特許情報センター屋上防水
大阪府立女性総合センター屋上防水
住吉市民病院給食室床改修工事
トヨタスポーツセンター室内プール
リゾ鳴尾浜子供滑り台改修
桜井市民プール改修
橿原市総合プール改修
北九州市プリンスホテルプール改修
木津中学屋上防水工事
和歌山高専実習棟防水工事
原病院屋上防水工事
三重県営総合競技上改修
甲子園アルプススタンド改修
明治神宮スタンド防水工事
笠松運動公園競技場スタンド防水
鶴屋デパート駐車場床改修工事
オークワ屋上駐車場防水工事
横浜市駐車場防水工事
ベターライフ宇治東店駐車場工事
土屋野球場ラバーフェンス改修工事
甲子園浜野球場整備工事
西脇市民野球場フェンス工事
神宮球場ラバーフェンス改修工事
福井市営野球場Vフェンス工事
和歌山高専図書館壁防水工事
両尾橋橋脚工事
宇都宮いなり公園ピット防水工事
モンゴル日本国大使館屋上防水
韓国サムソン工場床改修

       他千件以上

リフォームに
失敗しないために
どの塗装・リフォーム業者に頼めばいいの?
どんな塗装材料があるの?
うるさい訪問販売業者に
どう対応したらいいの?


などなど、
あなたの疑問に
お答えします。

「外壁塗装・リフォームの教科書」と業者仲間にも好評の小冊子。

「これで安心。失敗しない
塗装工事七つの方法」

「オール電化の
メリット・デメリット」

小冊子  プレゼント
毎月限定30名様
にプレゼント。

(但し、地域限定です)

コチラへ




塗装・防水に関する
ケイタイサイト
>>こちらへどうぞ
wata-tech.com/index2   http://www.wata-tech.com/index2 



高齢者を狙う
悪質塗装・リフォーム
商法にご用心




社員募集中
塗装他現場管理
塗装・防水作業職員
(塗装関係の要資格
又は
   取得希望の方)
やる気のある方
ご連絡ください。





ホーム 会社概要 工事の流れ お客様の声 建物は生きている ご意見・お問い合わせ 「小冊子」お申し込み

下地処理の重要性 特殊材料・工法 光触媒 パース図 リンク集

100年防水ジェットスプレー工法 トップ こうすれば長持ちする(対談) コンクリートが乾く(研究報告) Q&A
施工例 一般屋上(モルタル面) 施工例 アスファルトルーフィング面 施工例 マンション廊下面他 施工例 明治神宮野球場観覧席
施工例 明治神宮野球場ソフトVフェンス 施工例 東京ドームタワーランド金属大屋根他 施工例 ベスト電器屋上駐車場

いろいろ進行中 トップ

塗装他 施工例 トップ 住宅塗装 住宅屋根改修 マンション改修 鉄部塗装 木部塗装 遊具塗装 公園塗装



 Copyright (C) 2007-2011 Watanabe-technical co.ltd. All rights reserved

 

無料 アクセス解析インプラント