HPUP
since 2007/05/01
 12,155件 の施工実績
(2013年3月現在)
よくお客様に
「塗装や防水をしたら、どれくらいもつの?」と、聞かれます。

そして私は、こう答えます。
「そうですね。」
「躯体や構造・被塗物がだめだったり、その場所に湿気が多いなどの条件がと悪い場合は別ですが、
下地処理をきちんと行えば、ほとんどは、塗料の期待年数はもつと思います。」 と。
ホ ー ム
築5年のマンション エントランス外壁の場合

左の写真は、既存塗膜の剥離・ひび割れの状況。
(新築4年目でこの状態です?)2007年5月撮影 

使用されている材料:ジョリパット ということです。
(売主からききました。)

この原因は、
適切な下地塗材を使用していないことと
ひび割れからの雨水の浸入が原因と思われます。
これは、時間がたたないとわからないことですので、
信頼ある業者へ工事を依頼しましょう。
この物件は、
築2年目弱辺りから「ひび割れ、塗膜の剥がれ」が目に付くようになり
2年点検時に、建てたゼネコンが、表面だけの、
悪く言い換えれば、その場しのぎの補修をして
そのまま置かれていた物件です。

結局、管理組合とほぼ折半という形で
5年目の春に、根本からの修繕を行いました。
修繕の工程は、下記の通りです。
仕上材料:三菱樹脂  MYルーファー
①既存の塗膜をすべて撤去する。
②撤去完了後、清掃・プライマー塗布を行う。
③カチオン樹脂モルタルで下地調整を行う。
④専用プライマーを塗布する。
⑤主剤を鎖骨ローラーで塗布する。
⑥中塗り・上塗りを各1回。 計2回塗りをする。

そして、塗装終了。
その後、養生を剥がし、清掃して
2008年4月25日に、工事完了です。

の はずでしたが、塗り残し(忘れ?)が有り
この建物を建設し、
今回補修工事を施工した 三○建設へ 
2008年5月初旬に連絡をしましたが
未だ(2ヶ月経ちました)無反応。
(左下の写真では見ずらいですけど、2箇所あります)

拡大写真
なぜ、築5年目で、約半分といえども
管理組合が費用を出して外壁の改修を行わなければ
ならなかったのでしょうか?

新築のマンションを購入するときに
わたされる書類の中に「修繕計画書」があるのですが
この建物では
その計画通りの金額でまかなえないのではないかと感じます。

それをなるべく近ずける為には
日々の保守点検を心掛けることと、
管理会社さんや出入の業者さんと
普段から保守についての話をされたらよいかと思います。
(但し、対応の良い業者さんの場合ですが・・・。)



 小学校プール付属施設の下地処理施工例
 (鉄筋コンクリート及びコンクリートブロック造)
左の写真は RC(鉄筋コンクリート)造の下地モルタルが浮いている部分の処理を行っているところです。
コンクリート下地の壁等に、ひび割れがありましたら、トンカチ等で、その周辺を軽くたたいてみてください。
「カラ、カラ」と軽い感じの音がしている場合は
補修の必要があるかもしれません。
下の事例は「いろいろ進行中」ページに掲載しているものです。

2008年4月3日 に完了しました
練馬区立大泉学園小学校
プール専用付属室外壁塗装工事 をご紹介します。

今回の物件の構造は、
屋根がRC(コンクリート)造。
外壁は、CB(コンクリートブロック)造です。
2度に分けて施工させていただいています。

1度目は、2007年の12月に
屋根の下地補修および防水工事。
2度目の今回は、外壁廻りの下地補修および塗装工事です。

屋根・外壁ともに、塗り替え時期をかなり越えてしまっている
と見え、痛み具合はかなり進行していました。



下地補修工事

建物が傷み始める主な原因の1つは「ひび割れ」です。
特に、「③施工前」の写真のような天場(上場)に出来たひび割れには、
特に注意が必要です。
そのひび割れから雨水等が浸入して構造体を痛めます。
構造体に浸入した水分が塗膜の付着力を落とし、
「④施工前」のような状態になります。
浮いている塗膜の廻りの部分は、大丈夫なように見えますが
付着力は落ちてしまっています。
このまま、その上に塗装をしても意味がありませんので、
「⑤旧塗膜除去」のように、付着不良の部分の旧塗膜はすべて除去します。
除去ををすると、細いひび割れなどが現れてきます。
その部分を「⑧下地補修後」のように処理を行い、
初めて塗装の工程に移ることが出来ます。
「⑧下地補修後」の写真を見ていただくと
左右の壁面(間仕切り壁)は、旧塗膜の全面撤去を
行っていますが、突き当たりの壁面は、一部の塗膜撤去と
「⑥ひび割れ処理」しかしていません。
それは、上に屋根がかかり、庇がある為、雨水の浸入が少なかったので、
塗膜の付着力がそれ程落ちていなかったのです。
このように、下地の状態により処置の方法が変わります。 


                   ①施工前 ↓       ②施工前 ↓       ③施工前 ↓
  施工前 全景 ↓     旧塗膜の剥がれ    旧塗膜の色あせ  モルタルの浮き、ひび割れ


    ④施工前 
 旧塗膜の浮き、剥がれ   ⑤旧塗膜除去 ↓   ⑥ひび割れ処理 ↓  ⑦モルタル浮き処理 ↓



   ⑧下地補修後 ↓   ⑨サンダー掛け ↓   ⑩高圧水洗浄 ↓    ⑪下地調整 ↓



外壁塗装工事

プールコートスペシャルAU 仕様
(アクリルウレタン樹脂系2液型) 大同塗料㈱製品

 モルタル、アルミ、鋼板、ステンレス、FRPプールなどの上塗塗料、スライダーなど
 プール付属設備の上塗用。耐候性、対塩素性に優れています。

塗装作業前に「⑨サンダー掛け」を行います。
これは、仕上形状がフラット仕上のために、塗装下地をなるべく平滑にする必要が
あるためです。
後は、下の工程写真のように仕上げていきます。

  下塗り(プライマー) ↓       中塗り ↓        上塗り1回目 ↓
     
  上塗り2回目 ↓         施工後 ↓         施工後 ↓
     



■複層塗材E 仕様
 簡単に言うと
 アクリル樹脂吹付けタイル(3工程)
         +水系ウレタン塗材(2回塗り)の計5工程仕上です。

吹付け・塗装作業前に「⑩高圧水洗浄」および「⑪下地調整」(カチオン塗布)
を行い、下の写真のように吹きつけ・塗装作業を行います。

 施工前(下地調整後)↓    下塗り(シーラー)↓        下吹き ↓
     
  玉吹き(パターン)↓     中塗り(水系ウレタン)↓     上塗り(水系ウレタン)↓
     
     施工後 ↓           施工後 ↓           施工後 ↓
     


-東京都練馬区大泉学園町-

「いろいろ施工中」ページに、その他の施工例もありますので
  よろしければ、そちらもご覧ください。

下地の状態により
「下地処理(補修)」の工法はいろいろあります。

会 社 概 要
工 事 の 流 れ
お 客 様 の 声
建物は生きている
下地処理の重要性
塗装・防水・左官の
   健康特殊仕様
光 触 媒 塗 装
100年防水
 ジェットスプレー工法
塗 装 他 施 工 例
塗装工事他
   いろいろ進行中
パ ー ス 図
リ  ン  ク  集  
お 問 い 合 わ せ

お客様の声

クリックしてください

リフォームに
失敗しないために
どの塗装・リフォーム業者に頼めばいいの?
どんな塗装材料があるの?
うるさい訪問販売業者に
どう対応したらいいの?


などなど、
あなたの疑問に
お答えします。

「外壁塗装・リフォームの教科書」と業者仲間にも好評の小冊子。

「これで安心。失敗しない
塗装工事七つの方法」

「オール電化の
メリット・デメリット」

小冊子  プレゼント
毎月限定30名様
にプレゼント。

(但し、地域限定です)

コチラへ




塗装・防水に関する
ケイタイサイト
>>こちらへどうぞ
wata-tech.com/index2   http://www.wata-tech.com/index2 



高齢者を狙う
悪質塗装・リフォーム
商法にご用心




社員募集中
塗装他現場管理
塗装・防水作業職員
(塗装関係の要資格
又は
   取得希望の方)
やる気のある方
ご連絡ください。




































































































































お客様の声
クリックしてください



光触媒・塗装・防水・リフォームについてのお問い合わせなどは
お気軽に
今すぐどうぞ

お客様専用フリーダイヤル
 0120-72-1030

齋藤勝也  西巻拓人 芹川善光

 

私達が、ご対応いたします。


塗装・防水・光触媒・リフォーム工事
ワタナベ・テクニカル株式会社
東京都練馬区北町8-25-16

TEL03-3934-4533  FAX03-3550-7817
                   
(FAX24時間受付)


アクセス(地図)



 

お客様の声
「クリック」してください

工事風景も見れます

ワタテクの施工事例   ワタテクのブログ

100年ペイント
アステックペイント
 
TOTO 光触媒
ハイドロテクトコート
 
100年防水
ジェットスプレー工法


取り扱い工事品目
新築、増・改築、オール電化工事、雨漏り修理、屋根外壁塗装、光触媒塗装、遮熱塗装、木工塗装、自然素材塗装、各防水、家具工事、インテリア・エクステリア工事・・・・等々、総合リフォーム工事。


ホーム 会社概要 工事の流れ お客様の声 建物は生きている ご意見・お問い合わせ 「小冊子」お申し込み

下地処理の重要性 特殊材料・工法 光触媒 パース図 リンク集

100年防水ジェットスプレー工法 トップ こうすれば長持ちする(対談) コンクリートが乾く(研究報告) Q&A
施工例 一般屋上(モルタル面) 施工例 アスファルトルーフィング面 施工例 マンション廊下面他 施工例 明治神宮野球場観覧席
施工例 明治神宮野球場ソフトVフェンス 施工例 東京ドームタワーランド金属大屋根他 施工例 ベスト電器屋上駐車場

いろいろ進行中 トップ

塗装他 施工例 トップ 住宅塗装 住宅屋根改修 マンション改修 鉄部塗装 木部塗装 遊具塗装 公園塗装


 Copyright (C) 2007-2009 Watanabe-technical co.ltd. All rights reserved

wata-techシステム

 

無料 アクセス解析インプラント